月別アーカイブ: 2015年1月

記者会見

ヤンキースからマーリンズに移籍したイチロー選手の記者会見が日本で昨日行われた。
憧れる人、尊敬する人として多くの人に認められている人ですね。

プロ意識としての心技体を磨きあげ、来る日も来る日も毎日それを怠らない精神との葛藤も荒ましいことだろう。
通常のプロ選手とは違う思想(戦術)とケア(アフターフォロー)を持たれている方なのだろう。

記者会見でも、
「大変申し訳ないんですが、僕は41歳です。25歳でも45歳に見える人がたくさんいます。その反対であることができるように、ちょっとずつ前に進みたいと思っています」
意識を保ち、ケアをする。
イチロー選手独自の思想感に共感できる。

また何故?マリーンズと契約をしたのか?の問いに、
「選手として必要としてもらえること。これが僕にとっては何よりも大切なもので大きな原動力になるというふうに思います」
この言葉は、全ての人に当てはまる要素。

過去の試合後のインタビューでも首位打者争いについて記者から質問を受けた時の回答は、
「制御不能な相手の成績を気にするより、自分がやるべきこと、できることに集中したほうが遥かに生産的だし、無駄なストレスも少ない」と。
相手を意識しすると、リズムを取り乱し、焦りによって背伸びしてしまう。結果、怪我に繋がったり、成績乱調に陥る。
長期的な目標を個で持ち合わせているイチロー選手。

経営においては、この言葉の状況下は、性格、環境下、タイミングの誤差で引けを取る場面もあるが、自分をコントロールしながら自分がやるべきことに集中しする!正解と思えるが、他(従業員、業者、お客様、取引先)見ながらコチラもコントロールしなければいけないことがプラスアルファされる。
経営も成績を残さなければ干される世界。

しかし人生観だけに捉えるのであれば、とても素敵な言霊です。

以前、ブログにも書きましたが、
前文が、幸せを感じる要素と捉えるのであれば、後文は、幸せを人に分け与える要素。
・人に愛されることを求めるのであれば、人を愛すること。
 ※恋愛感情ではなく、思いやり。
・人に褒められることを求めるのであれば、人を褒めること。
・人の役に立つことを求めるのであれば、人に感謝すること。
・人から必要とされることを求めるのであれば、人を必要とすること。

心底から思い上がる言動が相手の懐を攪乱しないといけないが…
互いの存在価値を認め合い、継続的に相思相愛になれることが人生生きていく上での最良の喜びと思える。
この1~4にそれぞれ気づく年齢感覚も人によって千差万別。
早く気づくことで人生の存在意義が大きく変わりますね。

この4番目にある「人から必要とされる思い」言葉が、イチロー選手の思いが幸せを噛みしめていると究極に感情論として表れていた記者会見であった。

いい加減な経営者はこのような燃え滾る方が活躍していても他人事。
真面目な人ほど、イチロー選手のような方に感化されるものです。

人間、お天道様の下で、他人評価な結果を残す生き方をしなければいけない。
最終的には誇りと尊敬の眼差しに出会い、自分もそうならなければいけない。

彼が引退する前に、マリーンズの本拠地マイアミに足を運びたいと思う。
今年の小さな目標です。

接客業

出口の築き上げた接客業はバトンタッチかな。

裾野を広げ、お客様を選ぶ手法と専門性を持たせお客様に選んでもらう手法を組み立てていこう。
全てのお客様に対して差異性価値を高めていく! 押し問答ではなく、お客様が引き寄せられる質で打ってでる。

接客業で貪欲に成長させてもらった。
先に仲介業および権利業から始まらなくて良かったと痛感する。
逆であれば接客業の有難みと価値を見いだせなかったであろう。
ただ、世間体に敷居が低く、立場が弱く、貧利益であると接客業に対して感じている人も少なくはないだろう。
図星なところもあるが、志はもっと高いところにある。

口は出すが接客業を推し進めることに、去年から意味を見いだせない。
もっと価値のあることを見出したい。

私は、仲間意識に目を向けるのと自分自身が花添える有意義さの価値を見出すことに時間を掛けたい。
それが結果全ての相乗効果を生むことだろうと思っている。

歯痒い

ブログを書いていて常に思う。
公表したくても出来ない言動や案件。

15年前から現在に至るまで様々なビジネスモデルをストックしてきたものを形にできればと思っている。
これをどうやって遂行していくか?
優先順位をつけリスクを負える人に落とし込んでいくしかないだろう。
今年から面白い形で情報発信する。
既存会社とは考え方を180度方向転換し、戦闘態勢の別会社を設立したい。
※マイナスな時間もあっただけに確実に計画が6年遅い。取り戻そう。

サービス業界においてもお客様を選ぶ時代に…と最近強く思う。
実際にお客様を選択肢しているサービス企業も多いが、もっともっと強調していって良いのではなかろうか。

・モラルに欠ける人
・安全性や協調性のない人

「お客様は神様」と商売理論を発して受け入れている経営者もいるがそうではないと思う。

2006年の格言でもあるが、
【商は笑なり!】
売った方と買ったお客様が十分に納得して、便利で有用な商品に大満足したという笑顔と、日商で儲けも生じた喜びと、何よりお客の心から響き渡る『ありがとう』の声に覚える最大の笑顔である。これぞ!商人の最も大事にしている精神論である。

商売は、企業とお客様も対等であり、それぞれの価値が相互する場である。

名前は挙げられないが、全て上場している旅行会社、ブライダル会社、映像会社、広告代理店、その他諸々。
横柄な態度の企業や担当者に対しては、頑なに業務提携をお断りしている。
全て対等で在りたいし、上から目線で指示は受けたくない。
信頼でき良心ある人のみ、選択をしている…

入口で、お客様は企業を選ぶ。
我々は自信を持って現場に臨めばいい。
どんな企業だって100%の完全主義な企業はない。
お客様が望む内容を提供する側は、様々な価値を切り取り、幾多の角度で自社の価値を認めてもらえばいい。

確信です。

結局は…

交流を深め効率よく物事を進めてる時もあれば、逆の影響作用により慎重になり停滞する場合もある。
気が乗らなければ数か月にも悩む。
経営とはそういうものだ。
構想への階段を登ったり降りたり、何が原因か?深く考える。

100の階段があれば20段目まで高速に駆け上がり、急速に下降する。
その先は自分次第だ。

答えは、自分の心理行動パターンを知ることだ。
自分のみぞ知る世界のパズルを読み解こう。

新たな金脈

今年は、新たに稼働させる新会社に対して種まきを始める。
しばらくは運営開発(自発権利を促すため)に勤しもうと思う。

人の案件に注視するのであれば、パートナー次第で本領発揮。
過去に数十件と運営協力してきている。
私に頼りっぱなしで、等分化できた仕事量ではない。
やる気がいつも数か月で頓挫する。

共有できた人はたった1人の経営者だけ。

運営開発をするのであれば、利権をものにできることが最終目標でアッと言わせる運営内容でなければ時間に身を投じる意味が無い。
大体のパートナーは皆、中途半端な思想で他力本願。
そういう奴らと組みとう無い。

もっともっと私自身レベルアップをしたいので、5つの矢の1つだが知識情報の器量と自己開発能力に対して時間とお金を投じよう。
3つの能力向上と1つの鍛練、1つの産業改革に目覚める。

その前に自他ともに認める人材確保が焦点だ。
これを行わないと前に進まない。
中々、相性良い人に巡り合わない。
とにかく出会う機会を多く求めて、行動するしかない。
お見合いみたいなもんだ。
多く出会うということは、情報も多く交差する。
目的を絞り、寄り道情報にのめり込まず焦点を絞る。
弊社ではリスクを負わない人と和を組まないことが大前提ですね。

応援しているよ

真夜中2時30分、木枯らし吹く中、犬の散歩中、車も人も殆ど見かけない国道を歩いていると、前方から大荷物を背負ってビニール袋も5袋ぐらい大事そうに持ち歩いてきた浮浪者らしき男性が来る。 
顔も日焼けし髭も伸ばし、20代後半から30代前半と思われる。すれ違う際、可愛い顔でとてもいい人オーラを醸し出している+弟に似ている。
初めて若い浮浪者に出会った瞬間だった。

すれ違ってから10分ぐらい、やはり気にかかって、彼が歩いて行った先に足を向け、しばらく探したが姿はなかった。

行政にも頼らず地に足を踏み固め、一生懸命生きている。

悪意ある計画的に生活保護や身体障害者手帳の行政支援を受けて、無駄に税金を不正受給や公共機関サービスを受けている無法者に本当、怒りをぶつけたい。
行政もこういう無法者どもを見分ける尽力にもっと時間を割いてくれるよう願います。
人がいないのであれば、民間チームに委託するなり、組織を作るなりして予算を組み立てをお願いしたい。

しかしこの彼、気になるオーラを醸し出していた。どんな理由で今の道を歩んでいるんだろう。
親も心配していることだろう。

無論、本来の彼の素性はわからないが、実直に人生を送ってほしい。

この出来事は自分の胸に刻もう。
そう強く思った時間であった。

強く生きている彼!本当に頑張れよ!

年頭のご挨拶

本年も良心ある方々に対して、五感を働かせ素敵な時間がおくれるよう精一杯エンタティナーをさせて頂くのみでございます。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 大内剛男

先ずはご挨拶から仕事始め。

なんか12月から1月の時の流れがとても好きだ。

今年も色々な方々からの年賀はがき有難う御座います。
私も準備できる年度やできない年度がありましたが、アナログ的な年賀は気持ちが入り大事なので続けていければと思います。

そういえばHPの更新もしばらくしてない...2年いやいや3年。
昔(8年前~3年前まで)はSEO対策に励んでいた時期もあったな!
今はビジネスモデルの中身が大事だ。
ただ夏までにはある程度、HPもテコ入れしなければいけないなと痛感する。

そして前から注意深く注視していたが、もっと力を入れて、金銭、人脈&人動、情報、物品だけに経営者は鍵管理していかないとダメだと思った。
会社を大きくするには上記5つの動かし方+感性を伴う。
5つを動かすということは、やはり人の信用を相互させなければいけない。
5つのアンテナの中で特に注意しないといけない人脈&人動のコントロール。人間の体内いう血液にあたる部分だ。
この血流をほっておくととんでもないことが発生する。
現場でも「社長!現場は任せてください」と良心的で奮闘した社員もいたが、悪意的な者もいた。

経営もマンネリ化する10年目に来期突入する。
この課題を初段階から3段目までクリアしないと5つのアンテナを大きく伸ばせない。
大きな経営課題だな。
率先して自分から目利きしていくしかないな。

言い方が失礼だが、何人かのご年配の経営者に現場に出ろ!出ろ!言われるがノウハウが分かっている以上、後戻りしたくないし、
経営者が20%以上の現場選手になってしまったら、そこの企業は絶対伸びないと理解してほしい。
適材適所があり、現場は教育で誰もが演出できるが、経営はそうはいかない。
ただ現場の状況は年々変わる。
状況確認は怠らないようにしたい。
こんなことをブログに書いてる時点で、なんかレベルが低い!

話を変えよう。
ある諸先輩が、ひつじ年なので群れを成して行動にとアドバイスを頂きました。
Aの群れ、Bの群れ、Cの群れ、Dの群れ...まだまだ群れを形成し続けなければいけない。
でも群れが広がりすぎると中身がともなわなくなる。
無論、良い風と悪い風が入り混じる。
顔が広いのに越したことがないが、相思相愛でなければ意味が無い。
表面だけでのお付き合いは心底疲れる!
先輩後輩関係なく本音をぶつけ合え、芯から思いやり気遣い出来る大きな粒だけ大切にしていきたい。
それ以外は、あくまでも情報交換の場と捉えた方が良さそうだね。

親交深い友人と見定めるには、ビジネス相互や貸し借りの場で損をしても次回に繋げることが可能か否やで即断できる。
ただ利用目的だけでの相違もあるから気を付けたい。
それが一つの判断基準になるのではなかろうか?と私は思う。

一つ質問ですが、貴方様の周りに自分を犠牲にしてまで手助けしたい!手助けしてくれる、身内以外の良き友はいますか?
そんな羊の群れはありますか?
貴方様の思ってる以上、その交友者は意外と血栓の塊だと思います。
殆どの方がチョットしたことで離れ、見切りをつける。

裏で本人以外に悪評陰口を告げ撒くっている人や悪意ある噂話を発信している人をお見受けするが、そういう人ほど、今発言している目の前の人の批判も他で行っているだろう。
また陰口を叩いていた人の話を、鵜呑みにする人もどうかと思うが...
堂々と本人に直接聞けばよいのだが、殆どの方が他人事。

自分に思いやりの本意をぶつけてきてくれる人を大切にしていった方が後に財産に変わる。
言われて悔しいと感じることもあるだろうが本意を見抜いた方が賢明だ。

恩返しをしたい人や見返してやりたい人がいるのであれば、卑劣批判ではなく、檜舞台で成長の証を見せつけてやればいい。

年始早々、マイナス思考と思われるが気付くことによってプラスに変わる。
醤油こと(笑)

引き続き、本人にも、またこのブログでも、言いたい放題辛口で私らしく語らせてもらいたい。
また良心ある人に対しても熱く前向きに語っていきたいと存じます。

基本にぶれなく仲間を重んじ、歌舞伎の忠臣蔵を放出させる気持ちで目標に取り組んで参ります。
ご期待ください。