月別アーカイブ: 2015年10月

心に残るスピーチ

ウルグアイ、元ムヒカ大統領が日本に向けた映像で発言。

「本当のリーダーとは、多くの事を成し遂げる者ではなく、自分を遥かに
 超えるような人材を育てる者」

「幸せは 人間のように命あるものからしかもらえないんだ。物は幸せに
 してくれない。幸せにしてくれるのは生き物なんだ」

多くの経営者が忘れている課題だ。

そして、

「日本にいる子供たちよ。君たちは今人生で最も幸せな時間にいる。経済的に
 価値のある人材となるための勉強ばかりして、早く大人位なろうと急がないで。
 遊んで、遊んで、子どもでいる幸せを味わっておくれ」

愛情を共有し合うことをテーマに、子どもを育てること喜びや友達を持つ素晴らしさ、そして人生は必要最低限のものを持ち、目標は抱きつつも、今という時間を楽しむ。

【大人も遊びから人生を学ぶ】
30歳から43歳までの僕に足りなかった一面だ。
経営理論、経営目標に一心不乱に高飛車に動いていた。

遊びをもっとクリエイトしていく。
どこかの大手企業の造語だが、人生における名言だ。

【経営者も遊びから経営を学ぶ】
今僕にとって必要なこと。
20代の再来だ。

クオリティ能力

どんな商売でも必ず頭打ちが見えてくる。
その人の器量の問題もあるが…

我も生意気で主義主張をハッキリさせる人間だが、それが私である。
仕事もそう、我がままと自分勝手な思想はいらないが、先輩であろうが初対面であろうが気は遣いつつ、ものを申す人でありたい。

業態の質を上げるためにものを申す社員! 憧れる。
しかし残念なことに、自分に利得に働かない限り案じてくれる者は少ない。

では、クオリティ能力の差をどう縮めて相手に行ってもらうか?
ビジョン作りへの種まきを率先して考え行動する人、そうはいない。
単純に意識の問題が大部分を埋めるが、仕組み作りを易々と構成できる人と段取りすら出来ない人をどう能力を縮めてあげられるか?
経営者が其処の部分に時間を取られているようであれば、やはり確固たる理解者の賢人が不可欠。
動産と不動産の戦略仕組み作りを私が担い、ヒューマンやビジネスのマネジメントを賢人3名が動き出すと頭角を現すことをリアルに思っている。

合理的な作用を働かせ、私の6年分の時間を取り戻す。
合理的と思える段取りが、実は合理的な稼働ではない実情が多々ある。
常に新しい情報取り入れ、それを巡回させる。

20代、ある出来事を切っ掛けに、対価以上の働きは常に心がけ邁進してきたが、30代にビジョンへの土台と資金作りの壺に入り、行き当たりバッタリの募集や紹介に委ねていたことに失敗を重ねた。
自分の眼球力で見定め、声をかけていく努力を怠った結果かな?

過去も含め、依然とワクワクするパートナーが現れない。
これも私の力不足なのであろう!

継続の扉

また、しばらくお休みしておりました、ブログの再開です。
定期的ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

今、私は自分の仕事を飽きさせない為、ドキドキ感ワクワク感を増やす努力をしている。

先ずは、既存の仲間を大事に、更に新たな出会いを増やすことに専念ですね。
30年ぶり、20年ぶり、10年ぶりの旧友達に会ったり、30代にしてこなかったことに、時間を作り積極的に行動をしております。

すれ違う人、すべての人にドラマがある。
そのドラマを浮き彫りにできるリアルな創作活動を展開していこうと思う。

出会いが多くなることに喜びや悩みが多感になる。
ここをおもっきり楽しみたい。