月別アーカイブ: 2015年11月

睡眠の凄さ

沢山の点と点がやっと一つの線に繋がった。
記憶に残るレム睡眠時における示唆と思惑が合致し、優先順位の一番高い難題であったが、まさか!の謎かけが解けた。
ん~迷いが吹っ切れた!
自分思考+出会う人によって運が変わるので、この課題は慎重に扱おう。
与えられることを待ち望むより、人に与える人になろうと朝から地響きが鳴り出すかの如く目覚めた。

10代の頃は、明晰夢(夢の中でそれが夢と気づき、夢を意図的に動かす)になることが稀にあった。
どういうわけか分からないが、最近はめっぽう減った。

身の回りの物の整理整頓もそうだが、人は90歳ぐらい生き抜く時間の中で、実際に物を探す時間が平均1248時間(1ヶ月あたり平均76分)あるらしい。
無論、人それぞれ生活行動の変化や時間幅があるが、物凄い数字だ。

行動に対して迷いに掛かる時間も物の整理整頓と被りますね。
各々の脳内思考の整理基準で大きく変わるだろうが、人は決断するまでの時間をどこまで人生に費やしているのだろうか?
早くても遅くても決断した結果は将来どうなるか分からない。
思った時がタイミングとよく言うが、自分の目標とどう絡むか?芯を残したうえで素早く決断行動したほうが望ましいとおもうが、
気持ちが高まっている時は冷静になるまで時を同じして行動したほうが良いですね。

私の脳の容量がいっぱいになってきたので、バックアップした上で8GBから更に8GB増設かな。
いやいや16GBに新しく変更だな(笑)

人は、寝る直前に取り入れた情報を中心に睡眠時に処理する。
ここが一つの人生におけるポイントですね。

愛情の見える化

経済的貧困や親のネグレクト(育児放棄)等で、様々な事情で十分な食事を取れない子供達の為への「子ども食堂」
また不登校、引きこもり、貧困、発達障害など様々な事情のある子供達の為の無料学習塾もある。
毎日の生活の中で、子供達の不安要素を取り除き、子供達をやる気に変えていくというのを自費運営、寄付運営で行っているニュースを目にした。

心が和むニュースです。

親の都合で子供を振り回すことは絶対に避けないといけないが、子供を劣悪な環境を作り出す背景を必然に持っていている親を残念に思う!
親はそぐわない環境から逃げることができるが、子供はそうはいかない。

僕は学校の勉強が嫌いで、団体行動も好きではない...とにかくわがままだった。
でも15歳の時の衝撃な出会いにより、先読み思考が大きく変わった。

親が貧乏だろうがお金持ちだろうが、子供が夢見ることを目標にさせる環境を外部が応援してあげる方々に心から尊敬の念を送る。

成長の証

皆さんはトラブル続きをどう回避していますか?

僕の考え方は...
嫌なことがあっても、被害妄想をやめ、逆に中立な立場で物事を考え、
しばらくしてから、ワクワクする出来事を想像する。
勘違いは、地運を下げるので余計なことを考えず、感情を抑え、毅然とした装いに返還させる。

学校法人ノートルダム清心学園の理事長、渡辺和子さんが金スマで出演していた際の言葉が胸に残る。
「汝の敵を愛せよ!」
 許すということは相手に負けることではない、むしろ相手に勝つことである。
 結局、許す揺るがない心を持たないと、その人のことがいつまでも気に掛かり、憎む相手の支配下にあるということの思いを断ち切ることが大切。
 そうでなければ人生の時間の無駄遣いをすることになる。
 

最近すごく、他人の弱さが見えてくるようになった。
倫理観に欠けている人やビジネスだけでお付き合いをしている人達は別だが(笑)、さらにもっともっとプライベートでお付き合いしている人達を大事にしていこうと思う。

小さい汚点

スマホの発信タップをダブルクリックにすれば、誤発信は防げるのだが...
自己責任を押し付ける開発業者だが、ちょっとした工夫で売り上げは変わるものだが、ここが盲点だ。
この誤発信で、受けた側も発した側もどれだけの人が苦い思いをしたことだろうか?

進展を望む。

鏡を磨こう

いい意味で人に影響を与える人間になりたい。
周りをキョロキョロ多くの人を見ない、中心人物を選び出し1人の人を見て「この人を唸らせよう」「この人のために頑張ろう」という目標がないと私はめげる。

鏡に心を映す。
優先順位が見えてくる。
ただ気付いていることをやらない、やれないストレスが最近嵩むが、
世の中に必要とされるされることで心を満たしたい。