月別アーカイブ: 2016年3月

ショック!!

[五体不満足]の著作で知られ、自民党参院選出馬が注目される乙武洋匡さん。
不倫が発覚した。
ん~~~凄くショック。

15年連れ添った妻がおり、8歳の長男、5歳の次男、1歳の長女を持つ父親。
東京都の教育委員を経験があり、教諭も務めた人である。

39歳にもなった彼は「肉体関係もあります、不倫と認識していただいて構いません」「彼女とは3、4年前からのお付き合いになります」と不倫を認め、
更に今までの結婚生活の中で、5人の女性と不倫したと告白していることにも私はショックを受けている。
潔く言い訳もせず、事実を認めたことは立派だが、人間としては失格というか、腐ってますね!

深い事情は分からないが、一般の夫婦生活している奥さんより、乙武氏の奥さんは負担が大きいはずなのに、よく奥さんや子供達を裏切れるな。
奥さんも結婚する時は、相当な覚悟をしたと思うのに…

不倫した原因が、「長男が生まれて妻が母になって夫婦らしさが失われ、癒やしを外に求めた」と証言しているが、
子供に気持ちを持って行かれて愛情が半減したなんて…そんなことも理解できなかったのかな。
況してや子供に教育関心を向けていた男が。

信頼を積み重ね築くのは一生、壊すのは一瞬。

こんな人が政治参加しようとしているのですから。
たった1人の奥様との約束すら守れないなら、政治家になった暁には国民1億人との約束なんて守れるわけがないですよね。
なんでこの世の中、大きな仮面を被った人達ばかりなのでしょうか?
不思議でしょうがないです。

濃い愛情

昨日、世界ベスト・オブ・映像ショー人体ミステリースペシャルという番組を見た。
その中で[五輪候補のスキージャンパーが記憶喪失!妻の愛が奇跡起こす]に思考を留める。

【愛する人への思い】

男性はスキージャンプの練習中に事故を起こして重体となり、一時は生命も危ぶまれましたが、恋人による懸命な看護もあり、数日後になんとか意識を取り戻すが記憶を失った。自分の名前も分からない。彼女の名前も分からない。

高次脳機能障害と診断されてから、彼女は身の回りの世話をし、歯を磨いてあげたり、食べ物を作っては食べさせてあげたり、懸命な介護が続いた。

ある日、数カ月たってから、彼女の名前を呼んだ。
彼女の懸命な介護により、愛という情緒が記憶を高める。
彼女は凄く喜んだ。

彼女は「私の人生をすべてこの人のために捧げる」という決意を胸に抱いた。

リハビリの結果、彼は歩けるようにまで回復し退院する。
その後、スキージャンプの練習も再会する。
その結果、スキー国体で優勝します。

それから、彼は彼女にプロポーズ、2人は結婚する。
この間10年という月日が経つ。

これで、やっと2人は幸せになれると思った矢先、幸せは続かない…

今度は彼女の体に異常が。
進行していた子宮癌にかかっていた。
彼女は子宮を摘出しないと心に決めた。
彼の赤ちゃんが欲しかったから…
その後、彼女の入院生活が続き、彼は今までのお礼も込めて、一生懸命に入院生活をサポートする。

しばらくしてから、彼は医者から「もって3カ月」だと言われた。
彼は、唾を呑み込み、彼女に本当のことを告げます。

「教えてくれてありがとう」
彼女は彼の優しさを受け止めた。
残りの3カ月間、時間を見つけては彼女に会いに行く。

激しい痛みと闘いながら、
唯一の病床での楽しみは彼からのメール。
そのメールが彼女を支え続けていました。

彼のメールに「待ちきれないよ」と返信したのが彼女の最後のメールだった。享年37歳。

皆さんは今、そばにいる妻(旦那)や恋人に同じ思いで行動できますか?
突然の介護、自分の目標も失って諦めても、その人に最後まで尽くせますか?

お互い心に抱いた方との出会いが、人生、何よりも大切で一番の幸せなことなのでしょうね!

長井ひとみさん!
ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。

二歩先の踏ん張り

ビジネスも恋愛も家族も(以下、3項目)全てにおける成長は、「こんなもんでいいだろ?」という妥協が人生のバランスを停滞させる。
あと2歩のところでと誰もが諦める結果、実は努力が無残にも萎んでいく。

筋力もそうだ。
もう限界!というところから、もう1、2回踏ん張ることで筋肉が成長する。

お客様に対するサービスや演出もそう!
期待値以上と自分は思いきや、評価を得たいのであれば、もう1つ2つの内容が必要だったする。

そこには将来図のイメージが大事だが、3項目も一緒。
でも想像が乏しいと先行く2歩に踏み込めない。

結果を求めるのであれば、限界までと自分の意思以上に、2歩先のエッセンスが必要。
後は、理想の思いと諦めない根気をぶつけて、
何度も言うが、限界の先にある、もう2つのアクションが自分を成長させる要素である。

私がいつも心掛けていることです。

やっとこさ…屋根塗装

新船組の物語が始まるよ。

屋形船の屋根塗装を輝く金色にしてみた。
右舷左舷、船尾の手すりも金色に輝いている。
2人で3日間、下地塗装もして結構手間がかかった。

内装も今週から着手。
完成が楽しみです。

屋形船塗装

東日本大震災から5年

早いものですね。
私は当時、スキー場運営していた時期で、この日は非番で東京の自宅戻っていました。
自宅でPC作業をしていたころ、凄い揺れを感じ、外でも何人かの人達が騒いでいて、
柴犬と一緒に私も外に出た瞬間、再度強い揺れを感じた。
激しく電柱や建屋が揺れているのを見て、直ぐに家族や両親、従業員に連絡したのを覚えている。

そんな中、震災から5年経った今、特に心傷んだ記事があった。
家族4人全員を津波で失った男性の話。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夫以外の家族が車で避難中、災害に遭われた。
その中には幼い娘7歳がいた。
何日か経って、ずっと捜索していた夫の仲間がその家族を発見。
駆け付けた夫は、妻と娘を抱き寄せた。

どれだけ怖い思いをしたのだろう。
名前を叫んで涙が枯れるまで泣いた。

必然と喧噪の中の日々が一つ一つ思い出になり、
ただそれだけの日常が何より幸せだったことを思い出す。

当時自宅で見つけたリュックはそれ以来、肌身離さず持ち歩いている。
写真など大切なものを全て詰め込んで。
「犯罪者と違って自然を恨むことはできない」

今では再婚をして、生きたかったのに志半ばで亡くなった家族の分まで生きて体験する。
子供を授かり7歳まで育てる。
自分勝手に思われるかもしれないが、それからでないとあの日の続きにならないと…

背負っていくリュックに入れる家族の写真は、いつまでも変わらず笑っている。

                                      引用(スポニチアネックス)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

凄く切ないです。
どれだけ、この世の中、悪夢と言いようがないほどの苦しさを背負って一緒懸命に自分と戦っている人がいるのだろうか?
皆、今日という幸せを噛みしめて、生きていかなければならないことを痛切に思い起こさせる出来事です。

消してはいけない心の燈火。
これからも安心して生活できる環境が早く整いますことを、心よりお祈り申し上げます。

寝る前に…

朝出かける前に…
入浴中…
etc…
一日何度か、姿見で容姿を誰もが確認するであろう。
人に会う職業や自分を売る職業の方は、印象が大事なので外見を気にするのは当たり前ですが。

しかし自己陶酔している人はどうだろう。
人に迷惑をかけていないのだから良いのだろうが…ただ男性から見ても、女性から見ても異性同性ともに本当に魅力ある人なのだろうか?
そういう人は、内面を気にしている人が少ないように思える。

この世の中、内からにじみ出る本当の人間らしさを気にする人はどのくらいいるのだろう。
自分の良い面、悪い面を本当に理解している人は少ないだろう。

心を映し出す鏡は、逆に目を閉じて心を映し出す。
そして夜、熟睡する前に自分への称賛と批判を思想で捉えてみる。

人は何より、自然体が一番いいだろうが、
自分を知ることで、運気を導き出す、幸せの行程を作れる。
めんどくさいと思うだろうが、ビジネスでもプライベートでも必ず活きてくる。

ZZZ…おっと寝るとこだった…  

ファン作りに没頭

自社力を高めるには、経営者自身にファンを作ることがこの時代、これからの時代に最大求められることだと思います。
商品だけではなく、自分を売る。
サービス業をしていると片寄りな言動、人に合わせた接客に陥るが、本当の意味合いで、弊社では個性ありインパクトある意義主張を発し形にする集団ありつづけたいと思っております。

だいぶ過去の事ですが、私の先輩で、お金も異性も追わずにいるが必然的に集まって来る人がいます。
本当に出来る男とはこういう人の事をいうのか?と強く思うほどでした。

後に私は、この先輩が自分の強み弱みを凄く把握していることに気づく。
そして先見性の目が抜群に良い。

勉強させて頂きました。

同性、異性ともに愛想を振りまくだけの人柄ではなく、相手に思いやりを持って接する。
相手の動向に気づき居心地の良さを提供する。

そんなことをもっともっと意識して習慣にしていこうと思う。

白いキャンパス

皆さん、心の中に白いキャンパスをお持ちですが、どのような形?どのような配色?どのような空白部分?ですか。

欲望や悩み事、環境や性格により様々な形態や背景の配色が変わる。
白色箇所が減ったり増えたりしていく。

悩み事が無いということも、逆に寂しい人生だが、
極力、悩み事は少ない方が良いですよね…
悩み事があれば皆、その色消しに必死であったり、色消しがたくさんあり放置したまま色あせていくのを待っていたりと
目の前の事の問題を消していくことだけの人生って、本当に人生の自分価値なの?と強く思います。

問題や野望の対する処理能力が問われることだが、せっかく親から授かった命なのですから、自分も楽しみつつ、人に幸せも与え続けたい。

周りを気にする生き方なのか?気にならない生き方なのか? 
他人と常に比べることは意外とつまらないことであったりするが、他人を気にせず、己に打ち勝つこと努力をしている人ほど、周りに差をつけている人が意外と多い。
結局は自分の弱さや強さを把握することが人生をコントロールすることが出来るチャンネルだと思っている。

自分の好きな分野を見つけたら、その集団に飛び込んでいく。
きっと新しい希望や遣り甲斐、人生の価値を見出すであろう。

そう、違う分野の人達と思想を掛け合わせてみて、自分に化学反応を起こさせる。
そして、新たな色を自分のキャンパスに描いてみたらどうですか?