食料破棄を考える

欧州で食料廃棄の削減に向けた動きが活発化して、税負担軽減や罰則導入が施されている。

日本は、年間5800万トンの食料を輸入、その内1940万トンを廃棄処分にしています。
年間輸入量の30%に当たり、年間5000万人分に匹敵する食料で金額換算で11兆円のお金を無駄にしている。
食料廃棄の内訳は、
家庭の台所から出る生ゴミが約60%。
飲食店や食品工場から出て廃棄されているものが約40%。

良く考えてみると、会社においてもケータリングで残されたお客様の食材だけでも、燃えるゴミとして凄い量が出るときがある。
質より量を希望されるお客様の為に、重量多めの炭水化物系で料理を作ると、やはり残されるケースが多いので、メニューバランスよく組み立てて提供するように心掛けている。

今後はもっと、食品製造会社の工程で発生する規格外品等を有効活用するにあたり、福祉施設等へ無料で提供するフードバンク社の活動利用や、肥料に加工して農家に提供する事業者等を増やしていくべきかと思う。
弊社では過去に、B級食材販売や卸問屋としてのビジネスも7年前に考えたこともあるが、企画だけ先行してしまい、挫折した経緯がある。

これからは、食料の輸入大国日本として、政府および食品メーカーが世界を抜きんでて団結し、食品ロスの削減に取り組むべきだと思っております。